header photo

ゴールドコースト Today

since: June 1989 サイト開設26周年!!
ワーキングホリデー駆け込み寺

サイトメニュー  

心に残る言葉

*1 人間と言うものは贅沢な存在で無為に倦む。
無為の日々が続けば志気も衰えるものだ。
無為の日々に何らかの刺激を与えなくてはならない。


*2 青春は不安定で未知であるが故に青春なのである。
どちらの方向へと行っても無限の可能性があるからこそ青春と呼べるのだ。



事件 | ビジネス | 社会 | 国際 | 芸能・スポーツ | 世界ビックリ

  豪、新車販売台数、過去最高
1月8日(NNA)

  豪自動車産業会議所(FCAI)は、2012年の豪州の新車販売台数が前年比10.3%増の111万2,000台と過去最高に達したと発表した。
スポーツ多目的車(SUV)とピックアップトラック(UTE)の販売が好調だったことと、豪ドル高で輸入しやすい状況だったことが影響した。
メーカー別ではトヨタが21万8,176台で、10年連続の首位維持となった。

トヨタは前年比20.1%増の伸びとなり、自動車産業の平均である10.3%増を大幅に上回った。2位のホールデンとの差は約10万3,000台だった。
販売台数トップ10のうち、3車種がオーストラリア国内で製造されている。

トヨタ・オーストラリアによると、過去10年間にオーストラリアで約210万台を販売。
02年以降、消費者はセダンやワゴンよりも柔軟性があり、車内空間の広い車を求める傾向となり、SUVの販売が倍増したという。
同期間に、軽乗用車や中型乗用車の販売も倍増した。背景には燃費を最優先に考える消費者が増えたことがあるようだ。
さらに資源ブームに伴い、ピックアップトラックの需要も拡大した。また初めてハイブリッド車の年間販売台数が1万台を超えたという。

2位以下は、
◆ホールデン:11万4,665台(同9.1%減)
◆マツダ:10万3,886台(同17.6%増)
◆現代自動車:9万1,536台(同5.2%増)
◆フォード:9万408台(同0.9%減)――などが続いた。
トップ10には日系6社がランクインした。

■車種別首位は「マツダ3」

車種別では、マツダ「マツダ3(日本名:アクセラ)」が4万4,128台で首位。以下、
◆トヨタ「ハイラックス」:4万646台
◆トヨタ「カローラ」:3万8,799台
◆ホールデン「コモドア」:3万532台
◆ホールデン「クルーズ」:2万9,161台――だった。

車体別でみると、
◆乗用車:57万6,855台(同3.1%増)
◆SUV:30万5,825台(同25.3%増)
◆小型商用車:19万8,302台(同12.2%増)
◆大型商用車:3万1,050台(同9.9%増)――となった。

地域別では、
◆ニューサウスウェールズ州:34万1,211台(同8.5%増)
◆ビクトリア州:29万3,778台(同9.5%増)
◆クイーンズランド州:23万5,025台(同11.4%増)
◆西オーストラリア州:12万8,005台(同16.9%増)
◆南オーストラリア州:6万7,999台(同8.3%増)
◆タスマニア州:1万6,981台(同1.3%増)
◆首都圏特別区:1万7,435台(同10.6%増)
◆北部準州(NT):1万1,598台(同16.1%増)――だった。

前回の年間新車販売記録は、07年の105万台。FCAIのウェバー最高責任者は13年の見通しについて、約107万5,000台になると予想している。

■12月は15.7%増

一方、12年12月の新車販売は、前年同月比15.7%増の9万5,427台だった。
トヨタが12月として過去最高の2万1,169台を販売した。2位はマツダ(9,554台)、3位はホールデン(8,727台)だった。

車体別では、
◆乗用車:5万618台(前年同月比10.6%増)
◆SUV:2万5,548台(同14.2%増)
◆小型商用車:1万6,481台(同40.3%増)
◆大型商用車:2,780台(同7.8%増)――と、すべての車体で増加した。
(NNA)


    ビジネスニュース一覧

国民1人あたりの名目GDP、日本は10位に浮上 昨年の国民経済計算確報(産経)
豪韓FTA、4年越しで妥結:豪は自動車、韓は牛肉の関税を撤廃(NNA)
三菱東京UFJ銀行・豪住宅ローン担保市場へ邦銀初参入(NNA)
豪9月失業率、4カ月ぶり改善(NNA)
APECとの貿易額7割超え:12年は4,378億豪ドルに(NNA)
マツダ・オーストラリア、54%大幅増益(NNA)
豪ドル安基調続く、年末に0.85米ドルも(NNA)
豪産ピンクダイヤ、日本で人気再燃(NNA)
豪貿易収支、黒字292%増:資源輸出が予想外の伸び(NNA)
4月の住宅建設認可、前月比9.1%増(NNA)
豪、資源投資ピーク越え 外需減り価格も下落(NIKKEI)
メルボルンモーターショー参加企業減で中止(NNA)
豪政府の最上位格付け維持、債務水準が鍵に(NNA)
20兆豪$の巨大油田確認か:豪州が原油自給国に(NNA)
豪、新車販売台数、過去最高(NNA)

豪金利、09年以来最低の3%:準備銀が追加利下げ(NNA)
豪政府、各州電力市場の規制緩和とガス開発推進へ(ロイター)
オーストラリアの格付けを「AAA」に据え置き、見通しは安定的(ロイター)
豪とNZの新車販売がハイブリッド車中心に好調(NNA)
伊藤忠、豪州の青果事業参入:アジアでDOLE商標独占所有(NNA)
豪州の学力を世界5位内に:ギラード首相が新法案(NNA)
豪政府、日本人観光客誘致に145万$拠出:年50万人回復も(NNA)
国太楼、豪州に製茶工場設立:4割を日本輸出(NNA)
チョコのダレルリーが財政難で破たん(NNA)
豪4大銀の利益率、世界最高:低金利が後押し、邦銀は6位(NNA)
人件費高騰が資源開発の足かせに(日経)
商品市場のさらなる冷え込みを予想=BHPビリトン会長(ロイター)
豪ドル安進行、経済に恩恵も:輸出型産業など歓迎(NNA)
FBT改正、遠隔地勤務手当を改正(NNA)
第1四半期の消費者物価指数は0.1%上昇、専門家予想下回る(NNA)
シドニー外為・債券市場=豪ドルが高値から下落(ロイター)
英豪リオ・ティントがダイアモンド事業見直し、売却も視野(ロイター)
シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、週間では今年最大の下落率(ロイター)
TPP交渉、年内妥結に期待(NNA)
エアオーストラリア経営破たん:17日から全便欠航(NNA)
豪連邦準備銀行成長率見通しを3.5%に下方修正(NNA)
豪年金成長率、先進国でトップ:過去10年で資産17%増(NNA)

INPEX、日系電力5社とLNG販売契約(NNA)
中国の福田汽車、豪州進出:ゴールドコーストに本部(NNA)
関電、豪のLNG社と20年間の売買契約締結(産経)
10月の豪州新車販売トヨタが首位維持(NNA)
豪準備銀、2年半ぶりに利下げ:公定歩合4.5%(NNA)
資源ブームは2015年まで継続:投資は800億豪ドル(NNA)
巨大鉱山事業にゴーサイン:BHPのオリンピックダム鉱山(NNA)
レアアース価格が急落:中国の価格操作か(NNA)
オーストラリア業種別雇用統計発表(NNA)
豪州の8月新車販売台数、7.3%大幅増(NNA)
豪州のホテル稼働率好調:豪ドル高でも4都市がトップ10(NNA)
QLD州炭層ガス業界で労働力不足(NNA)
ジェットスター、JAL、三菱商が格安航空設立(NNA)
シドニー〜メルボルン高速鉄道計画発表(NNA)
違法労働、企業に罰金1万ドル:連邦政府が計画(NNA)
日立物流やマツダがメルボルンに物流拠点進出(NNA)
ニチガス、豪APG株2000万株を取得(NNA)
土木建築市場、6年前から倍増(NNA)
豪ドル、ついにUS1ドル10セント(NNA)
豪ドル、29年来の最高値。年内に1.10米ドルも(NNA)
LNG需要急増:原発事故で豪州ガス事業に日本が注視(NNA)
豪トヨタメルボルン工場、生産停止ない(NNA)
豪新年度予算、自然災害の影響で歳出削減へ(NNA)
医療制度改革案が前進:連邦政府案に各州合意(NNA)
キャンセル率は最大70%:QLD洪水、観光産業に打撃(NNA)
洪水がQLD州財政に大打撃(NNA)
資源業界に大打撃:QLD州洪水で事業遅延多発(NNA)
原料炭価格が20%高騰、洪水の影響(NNA)
11月の企業信頼感3カ月連続の下落(NNA)
拡大するガス生産量(NNA)
豪州とロシア、原子力平和利用協定を批准(NNA)
WA州産小麦、日本ラーメン市場に照準(NNA)
豪州企業の海外進出加速:豪ドル高でM&Aに積極着手(NNA)

・・・more news・・・

ゴールドコースト
現在の気温と時刻
Click for Gold Coast Seaway, Queensland Forecast
天気はアイコンをクリック


- 為替レート -


☆お勧めサイト☆

オーストラリア写真百科事典(Mixi)
ゴールドコースト写真集(Mixi)



オーストラリア・フルーツピッキング情報