header photo

ゴールドコースト Today

since: June 1989 サイト開設26周年!!
ワーキングホリデー駆け込み寺

サイトメニュー  

心に残る言葉

*1 人間と言うものは贅沢な存在で無為に倦む。
無為の日々が続けば志気も衰えるものだ。
無為の日々に何らかの刺激を与えなくてはならない。


*2 青春は不安定で未知であるが故に青春なのである。
どちらの方向へと行っても無限の可能性があるからこそ青春と呼べるのだ。



事件 | ビジネス | 社会 | 国際 | 芸能・スポーツ | 世界ビックリ

  豪州のホテル稼働率好調:豪ドル高でも4都市がトップ10
8月29日(NNA)

  アジア太平洋地域のホテル客室稼働率ランキングで、豪州の4都市がトップ10に入ったことが、不動産サービス大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)ホテルズの調査により明らかになった。
豪ドル高で、海外からの観光客は減少し、豪州人の海外旅行が増加する中で、堅調を維持した。

ランクインした都市は、◇2位:シドニー(85.8%)◇4位:パース(82.8%)◇6位:メルボルン(80.3%)◇6位:ホバート(80.3%)――だった。
背景にはホテル建設の減少による供給不足があるもようだ。

宿泊料金については、シドニーとパース、ブリスベーンがトップ10入りした。
今年上半期(1〜6月)の1泊当たりの平均宿泊料金は、シドニーが前期比7.4%増の214.6米ドル(約1万6,400円)、パースが同10.1%増の203.0米ドル、ブリスベーンが同8.5%増の202.5米ドルだった。
豪州の観光業界からは、連邦政府に対しホテルの建設を増やすよう支援を求める声が上がっている。

また、豪州ホテル市場への海外からの投資も増加している。
上半期の同市場での投資額は4億7,800万米ドルで、同地域ではシンガポール(10億200万米ドル)に次いで2位となった。
JLLホテルズのマーク・デュラン投資部門担当によると、豪州市場はほかのアジア地域に比べ、安定した成長が見込めるという。

上半期の主な投資としては、米ホスト・ホテルズ・アンド・リゾーツがヒルトン・メルボルン・サウス・ワーフ・ホテルの株式75%を1億3,700万豪ドル(約110億円)で取得したほか、不動産大手ラサールがノボテル・メルボルン・オン・コリンズを1億4,000万豪ドルで買収した。

世界経済の先行きが不透明な中で、資源ブームに支えられた豪州経済は堅調を維持していくと考えられていることから、今後も海外投資家の注目を集めるとみられている。

■ブティックホテルは好調

また豪州ホテル市場では、ブティックホテルが人気を集めており、ブリスベーンなどで建設が予定されている。
不動産開発会社アンソニー・ジョン・グループが、同市のサウス・バンクで進める6億5,000万豪ドル規模の開発計画で、客室数180室を持つブティックホテルを建設予定のほか、同市のブランダでも建設を予定している。
ブティックホテルは商業施設やオフィスに併設されるケースが多く、需要も見込めるため今後も堅調を維持する見通しだという。

■下半期は低調か

一方、会計コンサルタント大手デロイト・トウシュ・トーマツの今年下半期(7〜12月)のホテル市場予測によると、ホテル宿泊料金の上昇は望めないもようだ。

2011年末には、平均宿泊料金でシドニーが191豪ドル(約1万5,600円)、メルボルンが182豪ドル、ブリスベーンが173豪ドル、パースが206豪ドルとそれぞれやや低下する見込み。
また年初の洪水やサイクロンにより被害を受けたケアンズでは、113豪ドルになる見通しだ。
ケアンズのシャングリラ・ホテルのゼネラルマネジャーは「需要が伸び悩んでいる中で宿泊料金を引き上げることは難しい」としている。

デロイトのスミス観光部門担当は、今年上半期の宿泊料金は上昇したものの、予測をやや下回っており、世界経済の先行きも不透明なことから楽観視できないと指摘。観光地では、客室稼働率を維持するため、宿泊料金の上昇を抑える傾向にあるという。

■国内のホテル会社のシェアは低下

一方、豪州のホテル運営会社大手10社は、豪州市場でのシェアを落としている。
CBリチャード・エリスの調査によると、今年上半期の同10社の総客室数は、前期比で2%減少した。
外資系企業による運営は今後も増加傾向にあり、海外投資家の同市場への投資意欲は高いものの、供給不足で投資先がないのが現状だという。

豪州市場のトップシェアを握るのは、仏系アコー・グループ傘下のアコー・アジア・パシフィックで、ホテル161軒、客室2万1,740室を経営する。
次にマントラ・グループ(110軒、1万6,280室)、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(34軒、8,355室)が続いた。

豪州企業では1位がツアリズム・アセット・ホールディングス(36軒、4,969室)、2位がマーバック・インベストメント・マネジメント(19軒、3,984室)、3位がシュワルツ・ファミリー・カンパニー(10軒、2,614室)だった。
(NNA)


    ビジネスニュース一覧


    ビジネスニュース一覧

豪連邦準備銀行成長率見通しを3.5%に下方修正(NNA)
豪年金成長率、先進国でトップ:過去10年で資産17%増(NNA)
INPEX、日系電力5社とLNG販売契約(NNA)
中国の福田汽車、豪州進出:ゴールドコーストに本部(NNA)
関電、豪のLNG社と20年間の売買契約締結(産経)
10月の豪州新車販売トヨタが首位維持(NNA)
豪準備銀、2年半ぶりに利下げ:公定歩合4.5%(NNA)
資源ブームは2015年まで継続:投資は800億豪ドル(NNA)
巨大鉱山事業にゴーサイン:BHPのオリンピックダム鉱山(NNA)
レアアース価格が急落:中国の価格操作か(NNA)
オーストラリア業種別雇用統計発表(NNA)
豪州の8月新車販売台数、7.3%大幅増(NNA)
豪州のホテル稼働率好調:豪ドル高でも4都市がトップ10(NNA)
QLD州炭層ガス業界で労働力不足(NNA)
ジェットスター、JAL、三菱商が格安航空設立(NNA)
シドニー〜メルボルン高速鉄道計画発表(NNA)
違法労働、企業に罰金1万ドル:連邦政府が計画(NNA)
日立物流やマツダがメルボルンに物流拠点進出(NNA)
ニチガス、豪APG株2000万株を取得(NNA)
土木建築市場、6年前から倍増(NNA)
豪ドル、ついにUS1ドル10セント(NNA)
豪ドル、29年来の最高値。年内に1.10米ドルも(NNA)
LNG需要急増:原発事故で豪州ガス事業に日本が注視(NNA)
豪トヨタメルボルン工場、生産停止ない(NNA)
豪新年度予算、自然災害の影響で歳出削減へ(NNA)
医療制度改革案が前進:連邦政府案に各州合意(NNA)
キャンセル率は最大70%:QLD洪水、観光産業に打撃(NNA)
洪水がQLD州財政に大打撃(NNA)
資源業界に大打撃:QLD州洪水で事業遅延多発(NNA)
原料炭価格が20%高騰、洪水の影響(NNA)
11月の企業信頼感3カ月連続の下落(NNA)
拡大するガス生産量(NNA)
豪州とロシア、原子力平和利用協定を批准(NNA)
WA州産小麦、日本ラーメン市場に照準(NNA)
豪州企業の海外進出加速:豪ドル高でM&Aに積極着手(NNA)

・・・more news・・・

ゴールドコースト
現在の気温と時刻
Click for Gold Coast Seaway, Queensland Forecast
天気はアイコンをクリック


- 為替レート -


☆お勧めサイト☆

オーストラリア写真百科事典(Mixi)
ゴールドコースト写真集(Mixi)



オーストラリア・フルーツピッキング情報